ドラマ【下町ロケット】第2章悪役を演じる吉井浩役の古川雄大とは?演技力、評判は?

下町ロケット 吉井浩役古川雄大2018年秋ドラマ
スポンサーリンク

さて、11月11日の放送で第1章が終わるドラマ【下町ロケット】。

 

11月18日からの第2章「ヤタガラス編」より新たな出演者も

登場すると話題になっています。

 

その方とは、吉井浩役の古川雄大さんです。

 

イケメンの登場ですw

 

今回は、古川雄大さんがどんな方なのか

どんな役演じるかなどを調べてみました。

 

 

 

 

下町ロケット ヤタガラス [ 池井戸 潤 ]

スポンサーリンク

吉井浩役の古川雄大とは?wiki風プロフィール

 
 
《古川雄大wiki風プロフィール》
 
 本 名 古川 雄大(ふるかわ ゆうた)
 生年月日 1987年7月9日(2018年11月現在31歳)
 出身地 長野県上高井郡高山村
 身 長 182cm
 血液型 A 型 
 趣 味 ギター、卓球
 特 技 ダンス 
 職 業 俳優・歌手
 所属事務所 刑音   
 
  2017年3月10日にセンスアップとの契約終了。
  フリーを経て
  2018年4月1日より研音に所属。
  また、レコード会社はSHINKO MUSIC RECORDS
 

古川雄大さん経歴

 もともと幼い頃よりダンスを習っており、芸能活動する前まで
 ディズニーシーのダンサーとして踊っていたそうです。
 

 古川雄大さんの出演作ですが

       ミュージカル「テニスの王子様」

             「エリザベート」

             「1789 バスティーユの恋人たち」

       映画「嫌な女」   など数々の作品に出演されています。

 

  

 2018年は、

  ミュージカル「モーツァルト!」で

       ヴォルフガング・モーツァルト役を演じている。

  2018.09~2019.01 ミュージカル マリー・アントワネット

       フェルセン伯爵 役

  2019.02~04 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」

         ロミオ 役(主演)

 

 また、音楽活動もしており

 CD「Love me」、アルバム「F coat」などもリリースし

 ライブツアーなども続けています。

また、古川雄大さんは、ミュージカル「テニスの王子様」ブレークし
いまや”ミュージカル界の次世代プリンス”と呼ばれている方です。
 
 

ドラマ【下町ロケット】の悪役吉井浩とは?

 今回ドラマ【下町ロケット】の第2章から登場する、古川雄大さんが演じる

 吉井浩とは・・・

 

 吉井浩とは、甘やかされて育ち、

 「米なんて食えればいい」

 不遜な態度をとる大農家の三男坊。

 

 農林協(農林業協同組合)に所属する吉井浩は、

 農林協を通さずにスーパーや個人客と直接取引をする殿村(立川談春)を

 目の敵にする。

 

 米作りに人生をかける殿村は反発するが…という展開。

 

 

この役にあたり古川雄大さんのコメント

この作品は善と悪、仕事に対して愛情を注ぎ信念のまま真っ直ぐ進む人々と、

様々な欲望に駆られ間違った方向に進む人々とがはっきり分かれていると思っています。
後者を演じさせて頂くうえで、とても豪華で個性豊かな出演者の皆様の中に埋もれないよう、

作品のいいスパイスとなれるように精進していきます。

 

 

古川雄大の演技力や評判は?

 

 

 

おわりに

 いかがでしたでしょうか?

 

 SNS上の評判などを見ると、やはりミュージカルでの演技の評価が

 高い方なんですね。

 

 ドラマ【下町ロケット】では、殿村さんとバチバチしちゃうということ

 なのでどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね♪

 

 

コメント