日テレ【zip】朝ドラの子役が可愛い!!プチモの関谷瑠紀(るきちゃん)について調査。

生田家の朝 アイチャッキ冬ドラマ
スポンサーリンク

さて、10月1日より日本テレビの【zip】の枠で

またあの朝ドラが始まりましたね!!

 

そう!朝ドラ「生田家の朝」です♪

 

もちろん、今回も企画プロデュースと主題歌を福山雅治さん

脚本は、バカリズムさんが担当です♪

 

 

前回は、日テレの開局65周年のプロジェクトとして

放送されましたが、大好評で

また、第2弾もという声も上がってましたもんね!!

 

 

それでは、早速ですが、

朝ドラの詳細情報とユースケ・サンタマリアさんと

尾野真千子さんの子役の女の子が前回も

とっても可愛いかったので再度まとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

朝ドラ『生田家の朝』の詳細情報

 日テレのzipの朝ドラは・・・

 

 【第1弾】

 タイトル 『生田家の朝』

 放送日時 2018年12月10日(月)~12月26日(水)

       zip内7時50分頃から7分ほどの全13話で放送。

 

 【第2弾】 

 タイトル 「生田家の朝 2019秋」 

 放送日時  

2019年10月1日(月)スタート!!

月曜~金曜の朝7時50分頃からZIP内で

全20回放送予定!!

 

 

 企画プロデュース 福山雅治

 脚本 バカリズム

 主題歌 福山雅治 「いってらっしゃい」

 

 

 

muku
muku

この主題歌の「いってらっしゃい」は、

発売していないようですね~

 

 ≪キャスト≫

  ・生田浩介役 ユースケ・サンタマリア

    家族思いで優しいが、やや理屈っぽい夢みがちな極々普通のサラリーマン。

  ・生田早苗役 尾野 真千子

    浩介の妻で、サバサバとした性格。

  ・生田美奈役 関谷 瑠紀  

    中学二年生

  ・生田悟役 鳥越 壮真

    小学二年生

 

 

《ストーリー》

 ”どこにでもいるフツーの家族”の朝の話で、お茶の間とテレビの中が

 まるで合わせ鏡のように同じ時間軸で進む。

 そして、日常に起こる小さな事件、小さな幸せを描いたストーリーです。

 

 

プチモの関谷瑠紀ちゃんとは?

 関谷瑠紀ちゃんと言えば、雑誌「ニコ☆プチ」の専属モデルですよね~

 この可愛らしい”るきちゃん”は、去年の「第6回ニコ☆プチモデルオーディション」で

 8637人の中から選ばれまれした。

 

 「ニコ☆プチ」と言えば、

 三吉彩花ちゃん

 飯豊まりえちゃん

 永野芽郁ちゃん  も活躍してましたね!

 

 すでに、るきちゃん13歳にして、

 大人びたルックスで、ファンも多い存在なんです。

 

るきちゃんのプロフィール

  名 前  関谷 瑠紀(せきや るき)

  生年月日 2006年8月8日生まれ(生田家の朝出演時13歳)

  出身地  千葉県

  身 長 154.5cm (生田家の朝第1弾)

      160㎝ (生田家の朝第2弾)

  血液型 B型

  特 技 創作ダンス、モノクロデッサン、カラオケ

  好きな食べ物 わさび、お菓子

  嫌いな食べ物 エノキ以外のきのこ
  
  将来の夢  誰にでも親しまれ、名前が知られているモデル。

  憧れの人  高田凛藤田ニコルねお

  座右の銘 いつもポジティブシンキング

 

 

 前回の放送からまだ、1年も経ってないのに

 6㎝近く身長が伸びてますね!!

 スタイルのいいモデルさんなりそうですよねw

 

 

どんどん、可愛いから綺麗な女性に成長していますよね!!

個人的には、にこるんと共演して欲しいなぁ~

 

「生田家の朝」の生田美奈役とはどんな感じなのか? 

関谷瑠紀

 

関谷瑠紀ちゃん演じる生田美奈は、ユースケ・サンタマリア演じる

普通サラリーマン生田浩介と尾野真千子演じる主婦の生田早苗との

長女役として演じます。

 

今回は、学年が上がり

中学二年生役ということで

どんなJKを演じるのか楽しみですね!

 

 

 

 

 

おわりに

 日テレの初となる朝ドラ「生田家の朝」の子役の

 関谷瑠紀ちゃんについて調査してきました。

 

 前回の第1弾が好評だっただけに

 今回は、成長している子供達が

 どんな感じなのかとっても楽しみですよね♪

 

 個人的には・・・

 サイト運営者は、バカリズムさんの2014年の脚本の

 フジテレビドラマ「素敵な選TAX」以来大好きで

 バカリズムさん作品は、ほぼ見てますので

 きっと、前回見ていなかった方も

 楽しめると思います♪

 

 

 

 

 

 

コメント