【ノーベル賞晩餐会】カトラリーは今年も新潟県燕市製品!価格はどれくらいする? 

暮らし
スポンサーリンク

2019年12月10日(日本時間11日)に

スウェーデンのストックホルムで

ノーベル賞授賞式が行われました。

 

その授賞式後には、晩餐会が開かれるのですが

今年もその晩餐会で使われる

カトラリーが

日本製であり、新潟県の燕市製品と

いうことで話題になっています♪

 

このカトラリー

実は、最近、こんなところでも

取り上げられました。

 

 

グランメゾン東京、

毎週みているけど

知らなかったなぁ~

 

 

ノーベル賞の晩餐会の

カトラリーがまさか

日本の製品とは

ビックリしたわぁ!!

 

ここでは、

ノーベル賞晩餐会で使われる

カトラリーはどうして日本製なのか?

それもなぜ、新潟県燕市製品が

採用されているのか?

また、カトラリーの

価格はどれくらいするのか?

まとめました。

 

 

 

スポンサーリンク

【ノーベル賞晩餐会】カトラリーは、新潟県燕市製品!

どうして日本製品で新潟県燕市のものなのか?

 燕市は、カトラリー

 日本生産シェアが90%以上を

 占めます。

 

そんなことから、ノーベル賞晩餐会の

カトラリーを作っている

山崎金属工業(新潟県燕市大曲)が

戦前からスウェーデンとの

取引があったことからだそうです。

 

もちろん、スウェーデンにも

カトラリーはありましたが

新潟県燕市のような

ステンレス製の高級カトラリーを

製造できる企業がスウェーデンに

なかったことからだそうです。

 

 

 

カトラリーって、戦前から

作られていたことに

びっくりだね!

 

 

 

いつから【ノーベル賞晩餐会】に採用されているのか?

ノーベル賞晩餐会で使われている

カトラリーは、ノーベル賞創設90周年を

記念して1991年に作られ

採用されました。

 

 

 

 

カトラリーの価格はどれくらいするのか? 

 ノーベル晩餐会で使用された

 カトラリーですが

 どれくらいするのか

 不明ですが・・・

 

 製造している

 山崎金属工業のカトラリーを

 調べてみると

 

 下のカトラリーセットで

 5万円を超えていました!! 

 

 

山崎金属工業製 YAMACO ROYAL 20pcsデザートセットデザートフォーク、デザートスプーン、コーヒースプーン、ヒメフォークが各5本GIFT RO-20 【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

 

 

たぶん、ノーベル賞の晩餐会とも

なると

倍以上?3倍以上?の

カトラリーになるのでは

ないでしょうか?

 (詳細が分かりましたら、更新します♪)

 

 

 

 

ノーベル賞晩餐会のカトラリーを見ることができる!

ノーベル賞晩餐会のカトラリーは

道の駅 燕三条地場産業振興センター

 ( 新潟県三条市須頃1丁目17)

で見れることもできます。

 

実は、新潟県燕市は、グランメゾン東京以外にあのドラマにも出ていた!

 実は、ノーベル賞晩餐会の

 カトラリーを作っている

 新潟県燕市は、

 グランメゾン東京のカトラリー以外にも

 2018年TBSテレビで放送された

 『下町ロケット2』の舞台に

 なった所でした。

 

 『下町ロケット』のドラマ内では

 立川談志さん演じる殿村部長の

 ふるさととして登場しました。

 

 なので、新潟県燕市は、

 稲作、洋食器(カトラリー)の町として

 発展しているそうです。

 

 

 

 また、嵐の二宮和也さん

 主演ドラマ【ブラックペアン】でも

 新潟県燕市のお米のみ

 出ていたそうです♪

 

おわりに

2019年12月10日に行われた

【ノーベル賞晩餐会】で使用された

カトラリーが今年も日本製で

新潟県燕市製品だったので

調べてまとめました。

 

ノーベル賞晩餐会で使用されている

カトラリーが

国内シェア90%以上の

新潟県燕市だったことにも

びっくりましたね!

 

 

 

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
mukuをフォローする
mukumuku-times

コメント